いつも笑顔で上を向いて歩こう!ma-joのおしゃべり部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
アンニョン。

おひさ~~~~(汗)


先日
「はさみ」という映画をレンタルしてきて鑑賞!

f0130952_10121293.jpg

この映画

理美容専門学校が舞台の映画なんだけど

なんと、私が卒業した専門学校なの~

窪田理美容専門学校って言って中野区にあります^^

もう知った時はビックリ~~
早く観たいな~って楽しみにしてたの。

昨年の初めごろ東京へ行った時、学校を覗きに行ったの。
私が卒業したのはカレコレ20年も前に(!!)なるの。
その頃は本館がまだ古い頃で、新しくなったの知ってたけど見てなかったから
どんなになったのかな~って。
すごく素敵な建物に変わっちゃって、ちょっと寂しかったけど
懐かしかったな~~~

この映画を観たら、学校の様子も分かるかな、とか、知ってる先生とかいないかな~とか

ストーリーは・・

東京都中野区にある理容美容学校で教壇に立つ若手教員・永井久沙江(池脇千鶴)は、日々、誠心誠意をもって学生たちに接している。カットが苦手なことを思い悩んでいた美容科の学生・木村弥生(徳永えり)はある日、実習室でひとり黙々と見事なハサミ捌きを見せる田村いちこ(なんしぃ)の姿を見る。弥生はいちこからハサミの使い方のコツを教わり、2人は友情を深めていく。そして、何事も一生懸命が大事だということを悟る。落ち着きがなく情緒不安定気味で、高校時代に引きこもりをしていたことがある美容科の学生・葉山洋平(窪田正孝)が、授業に姿を見せなくなる。久沙江は洋平が一人で暮らす部屋を訪ねる。離婚した父親が再婚し、赤ちゃんを授かったことで複雑な心境になった洋平は、授業に身が入らなくなっていた。後日、久沙江は洋平の実父(石丸謙二郎)と叔母(烏丸せつこ)と面談する。そして洋平を叔母の美容室で働かせながら、昼間部から夜間部に編入させて国家試験を目指すことにする。洋平は、再び学校に通い出す。順調に前に進み始めた弥生、いちこ、洋平に、それぞれ試練が立ちふさがる。そんな3人とともに試練に立ち向かう久沙江にも解決できなくなったとき、ベテラン先輩教員の築木洋子(竹下景子)が、かつて自分が恩師から授かった言葉“シザーズは人の働きかけに似ている。上が動く刃、下が受け止める刃”を披露する。その言葉を聞いた久沙江は、自分が動く決意をする。

・・すごくぶっちゃけたあらすじ。。

感想は
泣きました。。いちこちゃんがあまりにも一生懸命で、泣きました。
立派な理容師になるために真面目に頑張っている姿に感動した。
それなのになんてヘボい親!!!!!!
泣けたのは怒りもあった。
あれから、いちこちゃんはどうしたんだろう。。
また夢に向かって進む事ができたんだろうか。
彼女が最後に「一生懸命」って言いながらおにぎりを食べるシーン。
声が明るくて、ちょっと救われた。

主人公の久沙江には少し違和感があった。
サッパリとした物言いが特徴なのかもしれないけど
もう少し優しさがあってもいいのに、って思った。
言葉が短くて、ホントに伝わっているんだろうか・・って感じたよ。
ま、これは脚本だよね~
それに、地味~~!学生と変わんない。
先生達って(当時はね)いつもメイクばっちり、ネイルもばっちりだったけどな~
生徒はね、意外と地味なのよ。
寮生はメイクとか手抜きだし(笑)だって、7階から2階へ降りるだけなんだもん(笑)
相モデルとかするから頭ボサボサ・メイクはどうせ取れちゃうしーーー

学生たちの苦悩や成長

わかる!!
アタシもそうだった!

今は2年間通うのが当たり前だけど
アタシの頃は、1年間か、2年間か選ぶ移行の時期だったの。
で、アタシは1年目の普通科を経て次のテクニカルスタイリスト科へ。
私達がテクニカルスタイリスト科の第一期生ってわけ。

二年間贅沢に勉強させてもらって
毎日がすごく楽しかった~
そりゃ、今よりは手探り状態だったからカムキュラムも充実してなかったし、
設備も全く良くなかった。
ある意味、可愛そうな時期の生徒だった。
でも、知らない事勉強するっていいな~って思ってた。
それでも、テストで赤点取ったり、実技で減点されたり・・
元々、不器用で勉強嫌いだったから、すごく凹んで、少し嫌になったりしてた。

でもね、絶対に美容師になろう!って思ってた。
そう思い続けてこられたのは

寮生活での友達とか
バイトとか
恋・・とか?(笑)

一番はたくさんのお金を出して通わせてくれた親の存在かな。
親元を離れて一人で頑張ることとか、大人としての責任とか
いろんな事が自分を支えていたんだと思う。


映画の中の学生さん
これはどこにでもいる学生の姿だと思う。

美容の道は簡単ではないよ。
すんごく大変だよ。
でも、好きなことは辛くても頑張れるはず。
好きだから大丈夫!!

な~んて

あ~~あ、私ももうちょっと一生懸命に学生すれば良かったな~~

と、映画を観ながら思ってました^^

そうそう!
映画の中に今は偉い人になってるみたいだけど
当時、理容の先生だった方が出演してました~~

映画の最後に流れるテロップ
びっくり!

担任だったS先生のお名前が!!!
え~~~、まだいらっしゃるんだ~~~~
タマゲタ。。。
でも、嬉しいな~
きっと、私のことは覚えてないと思うけどお逢いしたいな~

それから
私が勤めていサロンの会長と(当時は社長)と社長(当時は専務)のお名前もありました。
エヘへ。なんか嬉しい。


映画の感想っていうより
私の思いで話になっちゃった。

また仕事がんばろう!って初心に帰ることができた映画でした。



スポンサーサイト
2013.02.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mamamajo2.blog63.fc2.com/tb.php/332-b97b99ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。